2012年01月28日

弓防軍師について

弓防軍師について

弓部隊も序盤〜終盤まで満遍なく使うことになります。序盤は槍対策、中盤以降は騎鉄対策が主な働き場です。赤備えが突き刺さると痛いことこの上ないですが・・・。今回は弓防軍師について考えてみます。

槍防軍師と比べて人材の宝庫です。選択肢が多いため、多少ハードルを上げてもそこそこの人数が残ってくれます。



弓防軍師として兼ね備えるべきは、以下の項目でしょう(番号が若いほど優先順位が高い)。

1.弓兵科の適性が高い
2.兵法成長値が高い
3.兵法初期値が高い
4.ランクアップしやすい
5.初期スキルが弓防対応
6.長弓のコスト比が高い
7.指揮数が高い
8.馬兵科の適性が高い・弓騎馬のコスト比が高い

基本的な考え方は、槍防軍師のときと同じなので省略します。


変更点は上級兵にしたときに影響する馬兵科の適性の優先順位を下げた点です。

これは、長弓⇒弓騎馬にしたときの防御力上昇が少ないこと、それが資源の増加・与戦功の増加に見合わないことが多いこと、などが理由です。

最終的に防御力を最大にしようとしたときには、長弓より弓騎馬の方が良いため、高いに越したことはありません。

実際のところ、長弓と弓騎馬の防御力比は19/17=1.118なので、11.8%を超える適性の組み合わせは、弓兵科/馬兵科がS/Eなど5ランク以上離れている場合のみですから、馬兵科がどうあれ弓騎馬を率いた方が総防は通常は高くなります。

(最終的にはオール鉄砲足軽でしょ・・・というツッコミは無しの方向で・・・)



さて、弓防軍師の適性を総合すると選択肢はこんな感じでしょうか。

特太原雪斎、特浅野長政、特津軽為信、上大内義隆、特今川義元、特明智光秀、特松永久秀、特小早川隆景、特山本勘助、特百地三太夫

適任者は選り取りみどりです。特で兵法成長値が2.0のカードを敢えて選択する必要はなさそうです。


最も良いのが特太原雪斎で、次点に特浅野長政です。

1〜8を高水準で満たしています。同一合成から弓陣の極み・・・を狙うとハードルが高いので、特お市や特今川義元から弓隊円陣、序可児才蔵から土壁の術を狙うのが良いでしょう。


次いで特津軽為信ですが、槍防に続いて弓防でも優秀な軍師候補です。

しかし、槍防と同時に使うことは出来ないのが難点です。候補が少なく、適正もより高い槍防で使いたいカードですから、敢えて弓防にしない方が良いと思います。


上大内義隆は同一合成から弓隊円陣がついたら、序可児才蔵を使って土壁の術(または矢雨備え)をつけて、★2までランクアップさせましょう。

数を揃えやすいので、★3も視野に入るかもしれません。ここまで育てば立派な弓防軍師です。


特今川義元は馬適性が低いのが難点です。通常は長弓で、加勢時に弓騎馬といった運用が良いのではないでしょうか。

資源が余っているならば、常に弓騎馬でも問題ありません。


特明智光秀、特松永久秀、特小早川隆景、特山本勘助、特百地三太夫は初期スキルが弓防対応していないものの、兵法初期値・成長値が高く軍師適性が高いカードです。

上に挙げたカードがない場合は選択肢にしてもいいですが、手に入れるためのコストに大差はないか、むしろ特太原雪斎や特浅野長政の方が安いと思いますので、敢えて選ぶ必要はないと思います。

中でも特山本勘助は層の薄い馬防に適したカードですので、弓防に使うのはもったいないかもしれません。
posted by 戦国好き at 13:58| Comment(0) | 武将カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第三回 上杉家越後国の合戦

第三回 上杉家越後国の合戦

20120128_第5回合戦.gif

6回目の合戦は、上杉家への攻撃でした。
攻撃は本当に有利すぎます。これだけ人口差があっても勝ててしまうのですから。

他の方角の一部では、出城が焼け野原になっていたようですが、私の出した北西はかなり残っていました。
平日の合戦とあって、私はほとんど参加できなかったのですが、出城への攻撃もあまりなく、比較的自由に動き回ることができました。

クエは攻防ともに軍神クえにすら届きませんでした。
次あたりはクリアしたいものです。
タグ:IXA 合戦
posted by 戦国好き at 01:56| Comment(0) | 合戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月25日

槍防軍師について

槍防軍師について

槍部隊は序盤〜終盤まで満遍なく使うことになります。今回は槍防軍師について考えてみます。

普通に考えて、特津軽為信(無課金ならプラス上三好長慶)で決まり。以上!!


・・・だと身も蓋もないので順を追って考えてみます。

槍防軍師として兼ね備えるべきは、以下の項目でしょう(番号が若いほど優先順位が高い)。

1.槍兵科の適性が高い
2.兵法成長値が高い
3.兵法初期値が高い
4.ランクアップしやすい
5.初期スキルが槍防対応
6.弓兵科の適性が高い
7.長槍・武士のコスト比が高い
8.指揮数が高い

人によって優先順位はいろいろだと思いますが、1〜4はどれも重要ですので、すべて兼ね備えるべきでしょう。
また、鉄砲足軽以外の防御武将はコスト比が重要ですが、軍師に限ってはそちらよりも1〜4の重要度が比較的高く、コスト比は相対的に優先度が落ちます。
ランクアップが前提になるので、コスト比は結果としてそれなりの水準になるということも背景にあります。


槍兵科の適性を一番上に持ってきたのは、兵法の初期値・成長値がともに良くても、槍兵科の適性が低い、裏を返せば、槍兵科以外の適性が高いカードならば、槍以外の軍師にする方が効率的だからです。


8はおまけです。連続攻撃のときに1発目で飛ばないようにするためですが、7を満たせば8も自動的に満たすことが多くなります。
コストが低いカードの場合はその限りではないですが、槍防軍師に向いたカードにはコスト1.5以下はありませんので・・・。


軍師として使う場合にはランクアップしないと効果的ではありません。ですので、入手しやすいカードであることが必要条件です。
無課金〜微課金なら、特以下のレアリティを選択せざるを得ません。


となると選択肢はこんな感じでしょうか。

特津軽為信、上三好長慶、特宇喜多直家、特今川義元、特松永久秀、特斎藤道三、特長野業正、特佐竹義宣、特榊原康政、(特前田利家、特おまつ)


適任者が非常に少ないです。
5まで満たしてくれるカードは2枚(兵法成長値2.5以上なら1枚)だけです。


現状は特津軽為信一択といえる状況です。
特津軽為信は1〜8を高水準で満たしている唯一のカードです。上清水宗治を使って、槍衾と槍隊円陣を付加すれば完成形でしょう。
スキルは槍単体ではなく全体にかかる鉄壁の備えですので、混成部隊にも使用することが出来ます。


上三好長慶は同一合成から槍隊円陣がついたら、上清水宗治を使って槍衾をつけて、★2までランクアップさせましょう。
数を揃えやすいので、★3も視野に入るかもしれません。ここまで育てば立派な槍防軍師です。


特宇喜多直家、特今川義元、特松永久秀、特斎藤道三は初期スキルが槍防対応していないものの、兵法初期値・成長値が高く軍師適性が高いカードです。
特松永久秀以外は適性BB以上で適性も文句なしです。特松永久秀が入っているのは、コスト比が高いためです。★2にして槍をAまで上げれば、十分使えるでしょう。


特長野業正、特佐竹義宣、特榊原康政は兵法成長値が2.0であるものの、兵法初期値が高く、槍防軍師の選択肢が少ない現状では候補に挙がります。
1〜8のうち2以外を満たしているので、槍防軍師としてのポテンシャルは高いでしょう。
ただし、優先順位の高い兵法成長値に不満があることから、特津軽為信のような1〜8を満たす特武将が今後追加された場合、2軍3軍にも入らなくなる可能性がある点に注意が必要です。


特前田利家、特おまつは兵法の初期値・成長値ともに物足りないため、通常は軍師にしません。
しかし、部隊スキル「百万石の契り」のレベルを上げるために、ランクアップする方も多いでしょう。
この場合、他に軍師を用意しないなら、どちらかを軍師にしてしまうというのも無しではありません。
推奨するわけではありませんが、窮余の策とお考えください。
posted by 戦国好き at 23:23| Comment(0) | 武将カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

速度スキルを考えるC

【5.義兵進軍(槍弓馬砲)】

特直江兼続の初期スキルで、彼を合成材料すれば第1候補に現れます。
排出停止なので通常高価ですが、それほどスペックの高いカードでもないため、限定復刻したときなどに自力で引いたり、安く買えたりした場合は、合成材料にするのもありでしょう。

とはいえこれはレアケースなので、通常は義兵進軍を合成テーブルに持つ他のスキルを使うことになります。定番は、槍衾のS1から狙うルートです。
それ以外のルートもありますが、義兵進軍を付加するためだけに使うにはもったいないカードを必要とするものばかりなので、槍衾のS1からのルートだけ把握しておけば十分でしょう。


<5.1>初期スキルが槍衾の武将から狙う場合

槍衾の合成テーブルは、A:槍衾、B:槍隊剛撃、C:槍隊円陣、S1:義兵進軍ですから、義兵進軍を付けたい武将の第1,第2スロットのどちらかに槍衾・槍隊剛撃・槍隊円陣のどれかが入っていれば、S1繰り上がりで第3候補に義兵進軍が現れます。
もし槍衾・槍隊剛撃・槍隊円陣のうち2つが入っていたならば、第2候補にすることもできます。

よくあるパターンが、何もスキルを付加していない武将に、上清水宗治(初期スキルが槍衾の武将で最も安価)をひたすら合成し続ける方法です。

この方法だと、最初はA:槍衾、B:槍隊剛撃、C:槍隊円陣が合成候補になるため、どれが付いても、次の合成の第3候補にS1:義兵進軍が現れます。
あとは義兵進軍が付くまで、合成(と削除)の繰り返しです。
義兵進軍が見事付いたら、最後に第2スロットにつけたスキルを(いらなければ)削除して完成です。

ここまで読んでいただけばおわかりのとおり、スキル削除を多用することになるため、金を多く消費します。
手間はかからない分、出費の大きい方法といえるでしょう。


<5.2>第2,第3スロットに槍衾を追加した武将から狙う場合

無課金の場合は、ほぼこれ一択です。

槍衾を第2スロットに追加し、第3スロットに捨てスキルを追加すれば、このカードの合成候補は、第1:初期スキルのC、第2:槍衾のS1義兵進軍、第3:捨てスキルのS1になり、第2候補(第3スロットが槍衾の場合は第1候補)から狙うことが出来ます。

さらに、第1:初期スキルのCが義兵進軍を付けたい武将に既に付いていれば、槍衾のS1義兵進軍が繰り上がって、第1候補(第3スロットが槍衾の場合は第2候補)に現れます。

次に問題になるのは、いかにして第2スロットに槍衾を追加した武将、いわゆる材料カードを用意するかです。
方法はこれまたいくつかあります。

<5.2.1>槍衾持ちを使って槍衾を付加する

任意の材料カード候補に、上清水宗治や特長野業正を合成して槍衾を付加する方法です。
槍衾を第1候補から付加することができるため、成功する確率が高いというメリットがある反面、上清水宗治や特長野業正といったカードが高いというデメリットがあります。

運良く槍衾がついたら、第3スロットに捨てスキルをつけて、材料カードの完成です。

応用として、特斎藤道三、特真田幸隆、特宇喜多直家、特服部半蔵、特大谷吉継といったカードの第2スロットに槍衾を付加し、第3スロットに捨てスキルを付ければ、第1候補が電光石火、第2候補が義兵進軍という、夢の広がる材料カードが出来上がります。


<5.2.2>兵器布陣同一合成で槍衾を付加する

兵器布陣のS2が槍衾であることを利用する方法です。
槍衾を第4候補から狙うことになるため、確率がやや低いものの、素材になるカードが安く手に入るというメリットがあります。

兵器布陣を初期スキルに持っているのは、上丹羽長秀、序山名豊国ですので、このカードを複数枚用意し、丹羽×丹羽、山名×山名といった同一合成をひたすら繰り返します。

運良く槍衾がついたら、第3スロットに捨てスキルをつけて、材料カードの完成です。


<5.2.3>槍撃の真髄持ちを使って槍衾を付加する

槍撃の真髄のS1が槍衾であることを利用する方法です。
槍衾を第3候補から狙うことになるため、確率がやや低いものの、素材になるカードが安く手に入るというメリットがあります。

槍撃の真髄を初期スキルに持っているのは、上木下藤吉郎、上吉良親貞、上小松姫です。
ただし、S1の槍衾を付加するためには、槍撃の真髄の合成候補ABCのうちどれかが既に付いているカードに合成する必要があります。

つまり、初期スキルに槍撃の真髄のA:、B:、C:のいずれかを持つカードに槍撃の真髄持ちの合成をひたすら繰り返します。

運良く槍衾がついたら、第3スロットに捨てスキルをつけて、材料カードの完成です。


【6.疾風迅雷(槍弓馬)】

砲器に対応していませんが、三すくみ兵科に限れば、こと速度に関してはコストパフォーマンスは高くなります。
攻撃力アップの効果はありませんが、砲運用を考えていない武将に付けると良いでしょう。

焙烙の計、火竜の術、夢想宴舞の第3候補から狙えますので、特百地三太夫、特風魔小太郎(男)、特風魔小太郎(女)に捨てスキルを2つ付けて合成します。
posted by 戦国好き at 18:01| Comment(0) | スキル合成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

速度スキルを考えるB

【3.神行法(器)】

特小早川秀秋の初期スキルで、彼を合成材料すれば第1候補に現れます。
または謀殺の第2候補でもあるので、特松永久秀に捨てスキルを1つ追加すれば、第1候補に現れます。
特を溶かすことになるのでもったいないですが、高速櫓部隊や高速大筒部隊に憧れる場合は選択肢に入ります。

他の手段としては、迅速行軍、剣術 攻乃型、剣術 守乃型を初期スキルに持つ武将の同一合成からS2の神行法を狙うこともできますが、これらのスキルを持つ武将の指揮数は低く、神行法がついたとしても他の武将に移植はできないので、有効性は低いと思います。

器にしか効果がないので、兵器部隊の高速運用に用途が限られますが、器に限っては兵器運用術よりも効果が高くなっています。


【4.電光石火(全)】

特伊達輝宗の初期スキルで、彼を合成材料すれば第1候補に現れます。
しかし、排出停止ですし、そもそも特伊達輝宗自身が高スペックのカードですので、合成に使うのはもったいないでしょう。

桜花乱舞の第1候補も電光石火ですが、江は市で買うと結構高いので敢えて使わなくても良いでしょう。

通常は電光石火を合成テーブルに持つ他のスキルを使うことになります。
一般的なのは、
・城崩しの第3候補:特斎藤道三、特真田幸隆、特宇喜多直家
・土壁の術の第3候補:特服部半蔵、特大谷吉継
・郭破城の第3候補:特藤堂高虎
・神行法の第3候補:特小早川秀秋
でしょう。

これらのカードに2つ捨てスキルをつけて、第3候補から第1候補に繰り上げた上で合成します。

新陰流・草薙流・虚空一閃・義兵進軍・疾風太秦・直江状・神行法 千里の第3候補もそうですが、これらは素材になるカードが高いので、敢えてここから狙う必要はないと思います。
posted by 戦国好き at 17:58| Comment(0) | スキル合成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。