2012年12月09日

刷新!!

とうとう来てしまいました・・・って、これまた遅いですがw

21+22が6ヶ月、23+24は5ヶ月で刷新ですね。

運営さん、ちょっと短くないですか?

ラベル:IXA 刷新
posted by 戦国好き at 18:05| Comment(0) | アップデート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月04日

11月武将カード追加及び排出停止カードのお知らせ


公式サイト:11月武将カード追加及び排出停止カードのお知らせ

> 11月の新武将カードのラインナップは下記になります!
>
> 『松平信康【極】』 『村井貞勝【特】』 『田中吉政【特】』 『池田恒興【特】』
> 『色部勝長【上】』 『富田信高【上】』 『黒岩種直【序】』 『酒井家次【序】』

村井貞勝が何で攻撃スキルなんだとか、信康が何で極なんだとか、いろいろ突っ込みどころはありますが、まあこれはこれということで。


> また、10月5日(金)より期間限定カードとして登場しておりました、
> 諏訪原寛幸氏が描いた「賤ヶ岳七本槍」の7武将が11月6日(火)の新武将カード追加時に
> 配信終了となります!
>
> 『福島正則【特】』 『加藤清正【特】』 『加藤嘉明【特】』 『脇坂安治【特】』
> 『片桐且元【特】』 『糟屋武則【特】』 『平野長泰【特】』

ああ、そういえばそんなこともやっていましたね。私には縁がないイベントです。


とまあ、どうでもいいことはさておいて、問題はこちらです。

> なお、11月6日(火)以降、以下の武将がラインナップから外れます。
> 『竹中半兵衛【極】』 『羽柴秀吉【極】』 『佐々木小次郎【極】』 『山本勘助【特】』
> 『今川義元【特】』 『明智光秀【特】』 『榊原康政【特】』 『龍造寺隆信【特】』 
> 『鶴姫【特】』 『大谷吉継【特】』 『後藤又兵衛【特】』 『細川幽斎【特】』

秀吉・小次郎・幽斎を排出停止にするのは勘弁してください・・・特に秀吉はまだ一枚も手に入っていないんです(>_<)

他はまあ・・・大谷さんは電光素材なので残って欲しかったり、又兵衛は鬼刺素材なのでいてくれた方がいいと思ったり(一度も手に入れたことがありませんが)。その程度の感想です。


あれ。ここでふと気づくこと。

何で大谷吉継は「大谷さん」なんだろう。他の武将は名や通称を呼び捨てで使っているのに、「吉継」と呼ぶことに抵抗があります。

というか、「吉継」ではぴんときません。

昔遊んだゲームの名残であることは間違いないので、そのときに大谷吉継とあまり縁がなかったのかなぁと思ってみたり。

他にもいろいろいそうですね。これから気にしてみよっと。

ラベル:IXA アップデート
posted by 戦国好き at 21:50| Comment(0) | アップデート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月18日

UIリニューアル

今日のアップデートで、UIがリニューアルされました。

組み分けできるようになったり、部隊の兵編成が速くなったりと、とてもいい感じなんですが・・・。


兵士編成画面どうにかしてください!!

色が多すぎて目がちかちかします!!

さらにいえば、この画面で一番重要なのは、「最大兵士数」や「現在の兵士数」です。何といったって、「兵士編成」の画面なのですから。

それなのに、これらのフォントを小さくして、兵科適性を大きくするって何事ですか。本当に見づらくて困っています!!
posted by 戦国好き at 23:39| Comment(0) | アップデート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月10日

祭りチケット

さて、祭りチケットをどうやって手に入れましょう。

21+22鯖はいいんです。総合7000くらいなら、まずまちがいなく取れますから。

問題は23+24鯖です。

放置・・・というほどでもないですが、当然成長は遅いですし、武将もまったくといっていいほどいません。

これで700稼ぐというのはなかなか至難の業です(こちらは刷新直後なのでハードルが一桁低い)。

アクティブでない方の陣を壊して回るのが良いでしょうか。


それ以外の登録だけしてある鯖は、手の打ちようがないのでパスします。
ラベル:チケット 祭り IXA
posted by 戦国好き at 19:03| Comment(0) | アップデート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月04日

8/1のメンテナンス

先日のアップデートで、秘境出しが少し楽になりました。

これでスマホからでも日中やりやすい・・・って、何で「一括チェック」みたいなボタン作らないんでしょう!?

ちょっと考えれば、ちょっと使ってみればわかることなのに。


開発者は「そのゲームやっちゃだめ」とかいうルールがあると思うので、難しい部分はあると思うのですが、UIとか考える上では実際にどっぷり浸かって遊んでみるというのが一番の解決策だと思うんですよね。

もちろん、ユーザーの声に耳を傾ける姿勢があるなら、開発者が実際に遊んでみるというステップを踏まなくても機能するとは思います。
posted by 戦国好き at 08:43| Comment(0) | アップデート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。